/* 記事の一部表示 */

近代戦争~山水の間に高蹈長嘯せんのみ~

製作した近代戦争動画の補足説明を中心に、使用したソフトやその他思いついたことを記事にしています。

西南戦争動画(第9弾・日向北走から和田越の戦いまで)の紹介

昨日アップした西南戦争動画(第9弾・日向北走から和田越の戦いまで)を紹介します。

 


西南戦争(09・日向北走から和田越の戦いまで) / Satsuma Rebellion

 

 

都城を撤退して宮崎に陣を構える*1薩軍は、大淀川の対岸まで進軍してきた官軍に対し、大雨で増水している大淀川をまさか渡河しないだろうと油断していました。

しかし、官軍は増水した大淀川を渡河して宮崎に突入します。

完全に虚を衝かれた薩軍は、然したる抵抗も出来ずに宮崎を撤退し、北走します。

日向の地形は単純で、東が海、西は九州山地が広がっており、河川は西から東にほぼ平行に流れています。

特に宮崎平野北端(都農付近)までは、低~中位段丘面であるのに対し、それより北方は平野部が無くなり、山地が終わってすぐ海になる狭隘地形へと変化します。

わざわざこのようなところに移動する*2ことから、かなり追い詰められていたことは明白です。

ただ、延岡~熊田には、挙兵前から豊後進出を進言していた野村忍介率いる奇兵隊が戦線を維持しており、取り敢えずは合流し、そこから次の手を考えようとしていたのでしょう。

そのような状況に、党薩諸隊のなかで最も規模が大きく、勢いのあった熊本隊は、隊長の池辺吉十郎や一番小隊長の佐々友房の存在でまだ戦うことができてはいましたが、内心ではもはや何の為に戦っているのか分からないといった気持ちがあったと思います。

そして、官軍が高鍋に突入した後、大淀川支川・綾北川で官軍に包囲された熊本隊は、池辺が行方不明となり*3、佐々友房が戦傷を負い、遂に大潰乱します。

池辺は、人吉攻防戦が行われている*45月4日に、旧藩主・細川護久太政官に頼まれて老臣大矢野源水と国友半右衛門を派遣し、密かに離脱するよう諭されていた。

しかし、池辺は泣いて旧藩主の好意を謝しましたが、ことここに至って途中で脱落することは義が許さないとし、鄭重に断ったといいます。

旧肥後熊本藩主 細川護久

f:id:ripplering-1969:20180103123050p:plain

この後熊本隊は、山崎定平を新首領に迎えます。

北走する薩軍は、樫の木を細かく砕いて銃口に詰めるほど弾薬に乏しかったり、また食糧も四日間苺と草木の葉だけを食べたりなど、悲惨な状況であったといいます。

美々津で両軍が衝突しているとき(8月6日)、西郷は、諸将に対して直筆で書状を書き送りました。

 

「各隊尽力の故を以て、既に半歳の戦争に及び候。

 勝算目前に相見え候折柄、遂に兵気相衰へ、急迫余地なきに至り候儀は、遺憾の至りに候。

 尤も兵の多寡強弱に於ては差違無之、一歩たりとも進んで斃れ尽し、後世に醜辱を残さざる様、御示教可被給候也。

  八月六日 西郷吉之助 各隊長御中」

 

(開戦してから半年が経ち、勝利は目前にあり、敵味方の兵力に差はない。)

現実からあまりに逸脱している内容で、西郷が本当にそう考えていたのか、嘘でも士気を上げようとしていたのかは不明です。

これより翌々日、奇兵隊指揮長の野村忍介は、飫肥隊首領の小倉処平*5達に本戦争に対して絶望感漂う書状を書き送っています。

そうこうしているうちに、官軍は延岡まで急追し、薩軍は延岡北方に流れる北川の谷底低地に封じ込まれます。

このとき、野村は、見送りに来た延岡区長塚本長民に対し、鄭重に礼を言い、「延岡の地形は南北に川あり、これに拠って一戦すれば十分一時の急を救うに足る要害であるが、今まで延岡の士民があれほど薩軍に好意を示してくれたのにここを焦土するに忍びない。」と言って、塚本をひどく感動させたという話が残っています。

薩軍諸将は、先に笹首に宿陣している西郷を訪ね、今後どうするか軍議を行いました。結果、和田越まで南下して官軍と戦うと決まりました。

和田越は、延岡北東、北川河口付近に位置する最標高点92m、峠(鞍部)は39mしかない丘陵地です。

南方には、北川・祝子川・五ヶ瀬川によって形成された三角州や堆積低地(平野)が広がり、和田越の尾根部から官軍の動きがよく分かる地形となっています。

軍議が一決した際、これまで軍議で一言も発さなかった西郷が初めて発言します。

「あすは、一隊を率いて行き申そ。」

西郷は、そろそろ頃合かと考え、和田越を死に場所にしようとしていたのでしょう。

当然、諸将は猛反対しましたが、西郷は反対を押し切って和田越に赴きます。

対する官軍も、実質トップである山縣有朋が、樫山の小山(おそらく貫通丘陵*6)に出張本営を置き、全軍を指揮します。

こうして、両軍トップが初めて相見える『和田越の戦い』が始まりました。

和田越の南麓には現在も湖沼が残っており、おそらく和田越を環流丘陵*7とする北川の旧河川が流れていた(小梓峠が頸状部)と考えられ、樫山の貫通丘陵や三角州状の平野部からも、この辺一帯は湿地帯と考えられます。

そのため、別働第2旅団は泥濘に阻まれてなかなか進めず、これを見た薩軍総指揮・桐野利秋は、急遽決死精鋭一隊(約50名)を組織して急襲します。

1個旅団が僅か50名によって危機に陥るため、戦場においていかに地形が重要であるかがよく分かります。

 

和田越付近の地形

f:id:ripplering-1969:20180103134643p:plain

 

しかし、第4旅団左翼が別働第2旅団の危機を察知し、救援したため、さすがに圧倒的兵数の前に桐野は、退却を余儀なくされます。

その後、一進一退の攻防が続きますが、別働第2旅団が小梓峠の熊本隊を圧迫し、遂に突破します。

そこから次々と薩軍は敗れ、昼過ぎには総退却することとなりました。

午前8時から始まった決戦は、僅か数時間で幕を閉じました。

戦いの際、野村が兵を励ますために叫んでいた内容の通り、北川河口は当然、北川上流(熊田北方)は別働第1旅団・熊本鎮台が、西方(可愛岳西麓)は第1旅団がおさえており、薩軍は北川の谷に閉じ込められ、まさに袋の鼠状態となってしまいました。

このような状況に、さすがの薩軍も、遂に解散令を発することとなります。

次回動画(2月頃にアップ予定)は、この薩軍解散から始まりますので、是非ご期待ください。

 

f:id:ripplering-1969:20181117084230p:plain

 

 ↓はげみになりますので、是非ポチッと押していただけますと幸いです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

*1:西南戦争(08・都城の戦いから宮崎への撤退まで) / Satsuma Rebellion by RingRipple 歴史/動画 - ニコニコ動画参照

*2:というより、逃げ場が北方向しかなかった。

*3:池辺は、罹病で衰えきったまま県下の民家に潜伏し、転々と所在を変えていましたが、戦後、官軍に捕らえられ、長崎で裁判を受けて刑殺されます。

*4:西南戦争(06・人吉攻防戦) / Satsuma Rebellion by RingRipple 歴史/動画 - ニコニコ動画参照

*5:次回動画で紹介できると思いますが、小倉も非情な最期を遂げることになります。

*6:支川が流路を変えて本流との合流部が変わることで取り残された丘陵

*7:河川が流路を変えたことで取り残された丘陵

↓素晴らしいランキングに飛びます。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村