近代史動画←GoogleEarth+R+ArcGIS+VideoStudio

制作した近代史動画を中心に、使用したソフト(GoogleEarth、R、ArcGIS、VideoStudio)を紹介していきたいと思います。

西南戦争動画(ダイジェスト版)の紹介とつらつらと適当なこと(軍艦島とか)

今回は西南戦争動画のダイジェスト版をご紹介します。

 


西南戦争 (00・ダイジェスト版) / Satsuma Rebellion

 

 

ダイジェスト版っていってもただ自分のお気に入りのシーンを並べただけですが・・・。

 

Youtube動画でコメントいただいていることもあり、本動画を作るにあたって引用した文献BGMを整理して本ブログにアップしようと思っているのですが、なかなかその時間がとれない・・・。

 

戊辰戦争動画にも手を付けたいがその時間もなかなかとれない・・・。

 

さらに近代史関連で昨年行った「軍艦島」の写真もアップしたい・・・。

※観光では無く市からの特別な許可を得て研究目的で建物内に入ったりとかなり貴重な体験ができたのです。

 

端島 (長崎県) - Wikipedia

 

以下ちらっとそのときの写真を・・・。

 

f:id:ripplering-1969:20180515232508j:plain

 

人気番組クレイジージャーニーで有名な写真家「佐藤健寿」さんも軍艦島に行っていましたが、佐藤さんでも入れなかった、そして現在は誰もが立ち入ることができない建物内にも立ち入りました。

 

佐藤健寿 (@x51) | Twitter

 

f:id:ripplering-1969:20180515232408j:plain

 

まぁどうせ誰も見ないので自己満で気が向いたら載せよう・・・。

 

あと、Youtuberの台頭でYoutubeの若年齢化という話を聞いたことあるけど、動画のコメント見る限り、ニコニコ動画の方がはるかに幼いね。

※もちろんなかには大人な方もおられますが・・・。

 

↓はげみになりますので、是非ポチッと押していただけますと幸いです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

 

THE ISLAND 軍艦島

THE ISLAND 軍艦島

 

 

 

shopping.yahoo.co.jp

 

 

西南戦争ラスト動画(第11弾・城山籠城戦から戦争終結まで)の紹介

先日アップした西南戦争ラスト動画(第11弾・城山籠城戦から戦争終結まで)をご紹介します。

 


西南戦争(11・城山籠城戦から戦争終結まで) / Satsuma Rebellion

 

 

9月1日、辺見率いる先鋒隊が突然、城山に現れ、後続隊と共に瞬く間に城山を占領します。

私学校を警備していた(屯していた?)海軍や新撰旅団は、まさに青天の霹靂であったことでしょう。

鹿児島県民の平定のために大山綱良に代わって役職に就いた県令・岩村道俊(土佐藩出身)はこの時、当時の鹿児島県庁にいましたが、すぐに軍艦高尾に逃れ、軍用通信が整っている長崎に向かい、現状を京都にいる大久保に急報しました。

そしてこの報は、本戦争の兵站を担っている大阪や、政府がいる東京を駆け巡りました。

9月3日、貴島清は明治政府軍が集結する前に米倉を奪還する必要があると考え、白兵突撃を提案しました。明治政府軍がまだ集結していないとはいえ、米倉には西郷軍を遙かに上回る兵数・火力があります。当然、貴島や西郷軍幹部はこのことをよく分かっており、結果どうなるかも予想できていたでしょう。

幹部達の賛同を得られた後、貴島は一言、一同に投げかけます。

 

「まだ諸君は疑うか。」

 

これは、私学校の設立時、多くの元薩摩藩士が半強制的に私学校徒となるなか、貴島がこれに同調せず、さらに開戦直前にも冷めた態度をとっていたことに起因します。

熊本で鎮台と戦いの火蓋が切られた際、貴島は西郷に従軍を乞うも断られました。これまでの貴島の行動に薩兵達は侮蔑の目を向けており、西郷は双方にとってよくないと考えたのでしょう。しかし、桐野利秋は貴島の戦才を惜しみ、一隊を率いて駆け付ければと提案します。貴島は、桐野の言う通りに高鍋で兵を募り、一隊を率いて植木で参戦し、薩軍に従軍することができました*1

この貴島の問いかけに対し、桐野が答えます。

 

「今日まで生死を共にしてきた貴君(おはん)を誰が疑うか。」

 

これで貴島の肚は決まったのでしょう。

この後、決死隊を結成し、増田宋太郎と共に米倉で明治政府軍を襲撃します。薩兵は、指揮者あるいは大将が率先して敵兵と闘う戦法を取ります。この時も同様に貴島は先鋒に立って明治政府軍と闘いますが、同じ薩兵から見ても異常で狂気と言える程、血みどろになりながら敵兵を斬っていきます。

ちなみにこの時、政府軍側には日露戦争で有名な伊藤祐麿もいました。

しかし、多勢に無勢で、最終的には10名程の敵兵に囲まれ、一斉に銃剣で突かれ、額にも突かれました。それでもなお額を突いた敵兵を斬り倒し、最終的には乱弾を浴びて斃れました。

ちょっと盛って記録しているのではとも思ったりしますが、覚悟を決めた者の底力なのでしょうか。

そして、増田をはじめ決死隊幹部級の者はみな斃れ、100余名のうち30余名が城山に帰還しました。

9月5日、宮崎にいる山懸有朋は、この日ようやく城山の確報を得ます。それまでにも情報は入ってはいましたが、政府軍内でその情報が錯綜しており、迅速な対応ができませんでした。

山懸は可愛岳の失敗を怖れ、攻撃せずに包囲を固めるよう現地に指示しました。

9月8日、ようやく城山に到着した山懸は、城山が一望できる多賀山に本営を設け、既に集結していた各旅団を部署しました。

なお、西郷軍本営があり、最も激戦が予想される岩崎谷口には、第4旅団の曾我祐準が任命されました。他の旅団の司令長官は薩長土出身であり、西郷に恩義があったり盟友であったりする者達であったため、西郷や薩兵と深い繋がりがない柳河藩出身の曾我率いる旅団が選ばれました。

9月10日前後*2、西郷軍内で、西郷を助命させるための軍議が開かれました。

軍議なので当然西郷も参加しており、事の趣旨を理解した後、一言、一同に発しました。

 

「開戦以来、何人死んだか・・・」

 

本当はこの後にも言葉が続くのでしょうが、口にするにも値しない愚劣なことだと思ったのでしょう。

たまたま桐野は遅れて軍議に参加し、軍議内の雰囲気を悟って一同を睨み回します。

桐野は西郷の晩節を汚したくないという想いが強く、西郷自身あるいは周囲の者が西郷助命の嘆願をしないか非常に恐れていたと言います*3

桐野はこの場で「卑怯の議を謀ったのは誰か。」と、人斬り半次郎時代を思わせる気迫で、一同を恫喝します。

この「卑怯」という言葉は、薩摩藩士のなかで最も忌み嫌われる言葉であり、言われた相手にとって最上級の侮辱でもあります。

明治6年の政変前の廟議で、西郷が大久保利通に「卑怯じゃごわはか」と言われ、激高します*4

「卑怯」という言葉を使うとどうなるか大久保はよく分かっていたにもかかわらず使ったのは、おそらくわざとなのでしょう。

結局、名乗り出たのが他藩人である元記者の山田亨次であったため、不問となりました。

こうして一度は西郷助命の策は流れましたが、後日、河野主一郎と辺見十郎太の手で実行されることとなりました。

先の軍議も西郷・桐野・別府を除く西郷軍幹部全員の事前同意を得て行われたことからも、辺見や河野、そして村田新八や池上四郎、山野田一輔も西郷を助けたかったのでしょう。

河野は、本当の目的を隠し、法廷で挙兵の意を説くため政府軍に直談判する許しを西郷に請います。西郷のこのときの反応や、後の絶文を見ると、河野の本当の目的には気付いていなかったことが窺えられます。

ちなみにこの時、西郷は、政府軍の砲弾から身を守るため、現在もその跡が残る洞窟で起居しています。

翌日、河野は西郷に永年の滋養を謝して訣れを告げます。

これは、政府軍内の安心できる人物に出会う前に殺される可能性が高く*5、また捕縛されたとしてもこれまでの事例*6から、間違いなく刑殺されると予想されることから、河野・西郷ともに河野の死は自明と考えられていたからでしょう。

同行を願い出た山野田も、前日の夜に友人と酒宴を開きます。ただし、山野田の場合は今生の別れという悲しいものではなく、明日はやってやるぞという決起の酒宴であったといいます。

河野・山野田は、無事、西郷の姻戚であり、子供の頃から西郷を兄のように慕う川村純義と対面することができ、西郷助命を嘆願しました。

川村も西郷を死なせたくない想いは強く、その分自身の行動を邪魔した開戦前の私学校徒の行いを問い詰めました。

そして、幾ら山懸と並ぶ参軍の川村であっても、もう自身の力ではどうすることもできないと苦渋の顔を浮かべながら諦観の意を伝えます。

しかし、西郷自身がここまで来れば何とかなるかもしれないと考え直し、自身の言葉に期待したのか、24日未明の総攻撃についても両人に伝えてしまいます。

敵軍に自軍の重要な作戦を、しかも軍トップが敵軍幹部に伝えるということは、かつての盟友・親族同士の戦いならではの出来事です。

川村は、河野を残し、山野田を使いとして西郷軍側に返します。

山野田は、後に西郷軍最後の突撃で玉砕しますが、河野はこの後生き永らえます。もし川村が逆の判断を下していたら、両人の人生は全く反対のものになっていたでしょう*7

山野田達の勝手な行いに桐野が激高したりもしましたが、結局、川村や山懸の手紙を無視し、政府軍の総攻撃に臨むこととなりました。

そして23日の夜、自然と西郷洞窟の前や各堡塁で最後の酒宴が始まりました。こうして城山に籠った西郷軍の兵士達が玉砕の肚を括るなか、政府軍に降伏を願い出ようと画策する者達もいました。

野村忍介・伊藤直二・別府九郎・佐藤三二・神宮司助左衛門です。

彼らは豊後戦線で戦っていた元奇兵隊の者達であり、桐野を憎み、桐野が西郷を貶めていると考えています。

別府晋介の兄である別府九郎は、桐野といとこ同士ですが、弟と違って桐野嫌いでした。

野村はこの時、有名な以下の言葉を吐きます。

 

「この戦いは桐野の戦いであった。」

 

彼らは密談した通り、翌日の総攻撃の際に投降し、生き永らえます。

そして24日、午前4時に政府軍の総攻撃が始まり、各堡塁で次々と西郷軍が陥落していきます。

そんななか、西郷洞窟前に幹部や各地で敗れてきた者達が集まり、総勢40余名が西郷の身支度が整った後、まだ前線を保っている岩崎谷口に向かって進軍します。

進軍してすぐに、小倉壮九郎が自刃しました。この人物は、日露戦争日本海海戦で有名な東郷平八郎の実兄です。ちなみに東郷はこの時イギリスに留学していました。後年、もし西南戦争時に日本にいたらどうしていましたか?という問いに対し、東郷は、間違いなく薩軍に従軍していたと答えたといいます。

彼がイギリスに留学しておらず、もし日本にいて薩軍に従軍し、斃れていたら、日露戦争はまた別のものになっていたでしょう。

島津応吉久能邸門前に差し掛かった際、西郷は二発の銃弾を受け、別府晋介に向かって西南戦争でも西郷語録のなかでももっとも有名な言葉を発します。

 

「晋どん、もうここでよか。」

 

「この辺でよか。」「ここらでよか。」「ここらでよかろう。」等、多少言い回しが違って表現されますが、兎に角、この言葉を受けて別府晋介は駕籠を降り、西郷を介錯します。

西郷の首はすぐに隠し、その後、残った者達が岩崎谷口の大堡塁に最後の突撃を行い、敵弾に斃れます。

こうして西南戦争終結し、結果的には薩軍総勢30,000名に対し、明治政府軍は総勢70,000名の兵力を有していました。城山籠城戦に至っては、薩軍372名に対し、政府軍70,000名が対峙するという異常な戦力差でした。にもかかわらず、戦死者数は両軍大差なく、いかに薩軍が政府軍を苦しめたかが分かると思います。

ちなみに有名な話ですが、西郷は象皮病を患っており、陰部が極端に大きく、政府軍は、首のない遺体の陰部を見て西郷だと分かったといいます。

西南戦争終結=西郷の死の報を聞いた大久保は、自宅の中を泣きながらぐるぐると回るという端から見れば異様な行動を取っていました。本戦争の勃発は西郷と大久保の決別に端を発していましたが、それは幼馴染である両人にとってまさに運命のいたずらだったと思わざるを得ません。

大久保が紀尾井坂の変で斃れた際、西南戦争第3旅団司令長官であった三浦梧楼が身辺を検めると、嘗て西郷が大久保に宛てた手紙があったといいます。

 

西南戦争は財政の圧迫等、日本にとって大損害を被ることとなりましたが、一方で、日本の軍事力を大幅に進展させた側面もあります。

まず、戦上手な島津兵(=薩兵)に対し、武士や農民といった出身に戦力的差がなかったことで、戦力に出身身分は関係ないことが証明され、今後、国民皆兵制が定着していきました。

これは、かなり早い段階で高杉晋作が考え、奇兵隊という一隊を設立したことでよく知られていますが、戊辰戦争でもそこまで重視されておらず、大半は士族を登用していました。

次に、設立して間もなく、それまでへっぴり腰で頼りなかった全国の鎮台が、本戦争を通して急激に精錬された点です。

また、西南戦争は戦争という名が付いていますが、正確には内乱であり、それを鎮撫するという名目では軍ではなく警察が対応することが筋であり、そういった意味で警察の存在感が圧倒的に大きくなりました。これは、警察を創設した川路利良にとっては非常に有益であったことでしょう。

さらに、薩軍や党薩諸隊がここまで西郷という一人の人物のために死を賭して戦えるその精神性が重視され、日本国民であれば誰もが崇拝する天皇陛下を今後大元帥とすることで、士気を高めようと画策されました*8

こうして、長きにわたって存在していた武士・士族が、本戦争の終焉とともに日本から消滅しました。

 

f:id:ripplering-1969:20180428132354p:plain

 

はじめは第3弾までで終わらそうと思っていた本動画シリーズが、まさかの第11弾まで延びてしまいました。

 

次の記事では、本動画に用いた資料・参考文献や、使用させていただいたBGMについて掲載しようと考えています。

 

↓はげみになりますので、是非ポチッと押していただけますと幸いです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

*1:都城陥落後、北に向かった一因です(※詳しくはこちらを参照西南戦争(08・都城の戦いから宮崎への撤退まで) / Satsuma Rebellion - ニコニコ動画)。

*2:正確な日付は分かっていません。

*3:この心情のせいで、後に桐野が逃げようとする西郷を殺したという現在でいうフェイクニュースが流れたりしました

*4:詳しくはこちらを参照【修正版】西南戦争 (01・戦争勃発まで) / Satsuma Rebellion - ニコニコ動画

*5:会津藩兵に最初に発見されたら有無を言わずに殺されるでしょう。

*6:佐賀の乱を起こした首領・江藤新平など

*7:河野が生き永らえてくれたおかげで、高城七之丞の息子が晩年の河野に戦争時の薩軍内のリアルな様子を聞くことができ、河野追想談として現在も知られています。

*8:第2次世界大戦時にはそれが顕著に表れていますよね。

西南戦争動画(第1~4弾)の【修正版】紹介

フォントが見難いと不評だった西南戦争動画(第1~4弾)について、【修正版】を先日から一週間おきに再投稿しましたので、ご紹介します。

 


【修正版】西南戦争 (01・戦争勃発まで) / Satsuma Rebellion

 

 


【修正版】西南戦争(02・戦争勃発から田原坂の戦いまで) / Satsuma Rebellion

 

 


【修正版】西南戦争(03・衝背軍上陸から宇土・堅志田の戦いまで) / Satsuma Rebellion

 

 


【修正版】西南戦争(04・八代急襲から緑川の戦いまで) / Satsuma Rebellion

 

 

第1・2弾の文字送りスピードまではなかなか修正が難しく、正直ほとんど変わっていません・・・。

また、第2弾や他(第5・10弾)にもちょくちょく出てくる乃木希典の写真は間違えて「津野田 是重」の写真を引用していました・・・(YouTube・ニコ動いずれもその旨をコメントしています)*1

 

f:id:ripplering-1969:20180415000438p:plain

 

明日の夜には本動画シリーズ最終回である第11弾を投降する予定です。

 

↓はげみになりますので、是非ポチッと押していただけますと幸いです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

*1:使用した写真は集合写真の一部を切り取ったもので、別の所に乃木希典はいます(津野田是重の右斜め後ろあたり)。

西南戦争動画(第10弾・薩軍解散・可愛岳突破から帰薩まで)の紹介

先週アップした西南戦争動画(第10弾・薩軍解散・可愛岳突破から帰薩まで)を紹介します。

 


西南戦争(10・薩軍解散・可愛岳突破から帰薩まで) / Satsuma Rebellion

 

 

和田越の戦いに敗れて、俵野・長井に閉じ込められた薩軍は、遂に「薩軍解散」令を発します。

 

我軍の窮迫、此処に至る。今日の事、唯一死を奮つて決戦するにあるのみ。此際諸隊にして、降らんとするものは降り、死せんとするものは死し、士の卒となり、卒の士となる。唯、其欲する所に任せよ。

 

こうして数多くの党薩諸隊が政府軍に投降、あるいは自決するなか、かつて宮崎八郎が指揮していた熊本協同隊も、主幹である崎村常雄が投降を決意します。

崎村の文明思想は、薩摩士族(特に桐野や辺見、篠原、別府も?)の思想と真逆と思うところもあれば、似ている部分もあり、非常に興味深いです。

翌日、薩摩の次によく戦った熊本隊も、隊長の池辺吉十郎や佐々友房を失ったこともあり*1、遂に組織として降伏します。

熊本隊は、高熊山の戦い*2で辺見に「気でも狂ったか。」という意味のことを言わせる程、圧倒的兵力で向かってくる政府軍に対し、勇敢に戦いました。

そして西郷達は、近くに砲弾が落ちるなか、今後の方針を話し合い、結局は眼前の可愛岳を突破するという方針を決めました。

動画を見ていただくと分かると思いますが、可愛岳は”山”というより”絶壁”ですね。 

f:id:ripplering-1969:20180311233458p:plain

支尾根はおそらく官軍(第2旅団)に押さえられていたと考えると、西郷達は絶壁をよじ登るようにして進んだのでしょう。

先発隊の辺見・河野が頂上近くの鞍部・中の越に到達した時間は、午前4時半頃です。

俵野の登り口を出発した時間が午後10時頃でしたので、僅か6~7kmを登るために6時間半もかかっており、いかに困難な道を進んだのかがよく分かります。

そして中の越の北側にある屋敷野という小台地に野営していた官軍第1・2旅団を発見した辺見・河野は、襲撃を決し、見事成功します。

官軍側からすれば、まさか自軍営に薩軍が現れると思ってもみなかったでしょうから、混乱して退却するのも無理ありません。

その後、西郷達は三田井まで進み、そこで西郷は鹿児島に帰る決断を下します。

三田井から鹿児島までの道のりは、かつての椎葉越え*3よりもキツく困難な道のりではないでしょうか。

一行が鹿児島に向かう途中、坂本という山里の専光寺に泊まったときの、桐野のお茶目なエピソードが残っています。

桐野は光物が大好きで、西郷が付けていた金時計は、桐野が喉から手が出る程欲しがっていたそうです。しかし、もらう訳にもいかないので、せめて一目だけ見たいという思いから、西郷に「いま、何時ごわす。」と聞いては見ていたそうです。このときも同じ様に聞くと、西郷は踏破中に失くしたと答えました。桐野はびっくりして部下に探させますと慌てて言うと、時計に執着がなかった西郷は笑いながら、拾った者に譲ると言い、すぐさま桐野は探しに出ようとしました。すると、既に拾った者が届けにきたので、その者の所有物となり、桐野はしつこく「売ってくれ。」と懇願し、遂に300円という大金でその金時計を買い取ったそうです。

このような話を聞くと、必ずしも当時の西郷達は悲観的でなく、颯爽としていたことが窺えます。

そして、可愛岳を突破して約2週間、ようやく西郷達は故郷・鹿児島に帰ってきました。

2月15日、60年振りの大雪の中出発した日から数えると、約半年かけて戻ってきたことになります。

城山を制した西郷達は、遂に西南戦争最後の戦いをむかえます。

 

次回の第11弾は、西南戦争動画シリーズの最終回となります。是非ご期待ください。

 

↓はげみになりますので、是非ポチッと押していただけますと幸いです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

西南戦争動画(第9弾・日向北走から和田越の戦いまで)の紹介

昨日アップした西南戦争動画(第9弾・日向北走から和田越の戦いまで)を紹介します。

 


西南戦争(09・日向北走から和田越の戦いまで) / Satsuma Rebellion

 

 

都城を撤退して宮崎に陣を構える*1薩軍は、大淀川の対岸まで進軍してきた官軍に対し、大雨で増水している大淀川をまさか渡河しないだろうと油断していました。

しかし、官軍は増水した大淀川を渡河して宮崎に突入します。

完全に虚を衝かれた薩軍は、然したる抵抗も出来ずに宮崎を撤退し、北走します。

日向の地形は単純で、東が海、西は九州山地が広がっており、河川は西から東にほぼ平行に流れています。

特に宮崎平野北端(都農付近)までは、低~中位段丘面であるのに対し、それより北方は平野部が無くなり、山地が終わってすぐ海になる狭隘地形へと変化します。

わざわざこのようなところに移動する*2ことから、かなり追い詰められていたことは明白です。

ただ、延岡~熊田には、挙兵前から豊後進出を進言していた野村忍介率いる奇兵隊が戦線を維持しており、取り敢えずは合流し、そこから次の手を考えようとしていたのでしょう。

そのような状況に、党薩諸隊のなかで最も規模が大きく、勢いのあった熊本隊は、隊長の池辺吉十郎や一番小隊長の佐々友房の存在でまだ戦うことができてはいましたが、内心ではもはや何の為に戦っているのか分からないといった気持ちがあったと思います。

そして、官軍が高鍋に突入した後、大淀川支川・綾北川で官軍に包囲された熊本隊は、池辺が行方不明となり*3、佐々友房が戦傷を負い、遂に大潰乱します。

池辺は、人吉攻防戦が行われている*45月4日に、旧藩主・細川護久太政官に頼まれて老臣大矢野源水と国友半右衛門を派遣し、密かに離脱するよう諭されていた。

しかし、池辺は泣いて旧藩主の好意を謝しましたが、ことここに至って途中で脱落することは義が許さないとし、鄭重に断ったといいます。

旧肥後熊本藩主 細川護久

f:id:ripplering-1969:20180103123050p:plain

この後熊本隊は、山崎定平を新首領に迎えます。

北走する薩軍は、樫の木を細かく砕いて銃口に詰めるほど弾薬に乏しかったり、また食糧も四日間苺と草木の葉だけを食べたりなど、悲惨な状況であったといいます。

美々津で両軍が衝突しているとき(8月6日)、西郷は、諸将に対して直筆で書状を書き送りました。

 

「各隊尽力の故を以て、既に半歳の戦争に及び候。

 勝算目前に相見え候折柄、遂に兵気相衰へ、急迫余地なきに至り候儀は、遺憾の至りに候。

 尤も兵の多寡強弱に於ては差違無之、一歩たりとも進んで斃れ尽し、後世に醜辱を残さざる様、御示教可被給候也。

  八月六日 西郷吉之助 各隊長御中」

 

(開戦してから半年が経ち、勝利は目前にあり、敵味方の兵力に差はない。)

現実からあまりに逸脱している内容で、西郷が本当にそう考えていたのか、嘘でも士気を上げようとしていたのかは不明です。

これより翌々日、奇兵隊指揮長の野村忍介は、飫肥隊首領の小倉処平*5達に本戦争に対して絶望感漂う書状を書き送っています。

そうこうしているうちに、官軍は延岡まで急追し、薩軍は延岡北方に流れる北川の谷底低地に封じ込まれます。

このとき、野村は、見送りに来た延岡区長塚本長民に対し、鄭重に礼を言い、「延岡の地形は南北に川あり、これに拠って一戦すれば十分一時の急を救うに足る要害であるが、今まで延岡の士民があれほど薩軍に好意を示してくれたのにここを焦土するに忍びない。」と言って、塚本をひどく感動させたという話が残っています。

薩軍諸将は、先に笹首に宿陣している西郷を訪ね、今後どうするか軍議を行いました。結果、和田越まで南下して官軍と戦うと決まりました。

和田越は、延岡北東、北川河口付近に位置する最標高点92m、峠(鞍部)は39mしかない丘陵地です。

南方には、北川・祝子川・五ヶ瀬川によって形成された三角州や堆積低地(平野)が広がり、和田越の尾根部から官軍の動きがよく分かる地形となっています。

軍議が一決した際、これまで軍議で一言も発さなかった西郷が初めて発言します。

「あすは、一隊を率いて行き申そ。」

西郷は、そろそろ頃合かと考え、和田越を死に場所にしようとしていたのでしょう。

当然、諸将は猛反対しましたが、西郷は反対を押し切って和田越に赴きます。

対する官軍も、実質トップである山縣有朋が、樫山の小山(おそらく貫通丘陵*6)に出張本営を置き、全軍を指揮します。

こうして、両軍トップが初めて相見える『和田越の戦い』が始まりました。

和田越の南麓には現在も湖沼が残っており、おそらく和田越を環流丘陵*7とする北川の旧河川が流れていた(小梓峠が頸状部)と考えられ、樫山の貫通丘陵や三角州状の平野部からも、この辺一帯は湿地帯と考えられます。

そのため、別働第2旅団は泥濘に阻まれてなかなか進めず、これを見た薩軍総指揮・桐野利秋は、急遽決死精鋭一隊(約50名)を組織して急襲します。

1個旅団が僅か50名によって危機に陥るため、戦場においていかに地形が重要であるかがよく分かります。

 

和田越付近の地形

f:id:ripplering-1969:20180103134643p:plain

 

しかし、第4旅団左翼が別働第2旅団の危機を察知し、救援したため、さすがに圧倒的兵数の前に桐野は、退却を余儀なくされます。

その後、一進一退の攻防が続きますが、別働第2旅団が小梓峠の熊本隊を圧迫し、遂に突破します。

そこから次々と薩軍は敗れ、昼過ぎには総退却することとなりました。

午前8時から始まった決戦は、僅か数時間で幕を閉じました。

戦いの際、野村が兵を励ますために叫んでいた内容の通り、北川河口は当然、北川上流(熊田北方)は別働第1旅団・熊本鎮台が、西方(可愛岳西麓)は第1旅団がおさえており、薩軍は北川の谷に閉じ込められ、まさに袋の鼠状態となってしまいました。

このような状況に、さすがの薩軍も、遂に解散令を発することとなります。

次回動画(2月頃にアップ予定)は、この薩軍解散から始まりますので、是非ご期待ください。

 

 ↓はげみになりますので、是非ポチッと押していただけますと幸いです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

*1:西南戦争(08・都城の戦いから宮崎への撤退まで) / Satsuma Rebellion by RingRipple 歴史/動画 - ニコニコ動画参照

*2:というより、逃げ場が北方向しかなかった。

*3:池辺は、罹病で衰えきったまま県下の民家に潜伏し、転々と所在を変えていましたが、戦後、官軍に捕らえられ、長崎で裁判を受けて刑殺されます。

*4:西南戦争(06・人吉攻防戦) / Satsuma Rebellion by RingRipple 歴史/動画 - ニコニコ動画参照

*5:次回動画で紹介できると思いますが、小倉も非情な最期を遂げることになります。

*6:支川が流路を変えて本流との合流部が変わることで取り残された丘陵

*7:河川が流路を変えたことで取り残された丘陵

西南戦争動画(第8弾・都城の戦いから宮崎への撤退まで)の紹介

先週にアップした西南戦争動画(第8弾・都城の戦いから宮崎への撤退まで)を紹介します。

 


西南戦争(08・都城の戦いから宮崎への撤退まで) / Satsuma Rebellion

 

 

人吉攻防戦での官軍(別働第2旅団)の動きは、わざと西郷隆盛を逃そうとしているのではないかと思えるほど鈍かったわけですが*1、7月に入ってからは非常に活発になります。

都城西方は、姶良火砕流によるシラス台地で構成される高隈山地があります。シラス台地なので決して起伏に富んでいるわけではありませんが、自然の防衛網として活用できます。

しかし、逆に都城自体は低位段丘面上に位置しているので、台地上から薩軍の動きは丸わかりだったんじゃないかなーと個人的に思います。ただ、中央部で大淀川が南北に流れていますので、もし攻められても足止めに使うという利点もありました*2

それでも圧倒的な戦力差によって都城西側の防衛戦はことごとく破られ、最終防衛戦である庄内・財部・末吉も突破され、次々と官軍(第3・4旅団、別働第1・3旅団)が都城に侵攻し、遂に都城出張本営を指揮していた村田新八は、撤退を決断します。

桐野利秋も評価する薩人のなかで猛将と云われた貴島清や、桐野利秋の従兄弟で別府晋介の兄である別府九郎が山之口・三股でそれぞれ殿を務め、村田は宮崎にて活路を見出そうと薩軍本営のある地へと向かいます。

人吉攻防戦から敗色濃厚となっていたわけですが、都城撤退の時点で、ほぼ戦局の逆転は絶望的となってしまいました。桐野自身も、都城戦前後の軍議の内容から、故郷で散ろうと決意していたことが窺えます*3

ちなみに、都城に侵攻した7月24日、陸軍トップである山縣有朋都城に入っています。人吉攻防戦時の5月26日に長州首領の木戸孝允を喪った*4山縣は、長州を背負う者として、ただ単に戦争に勝つのではなく、今後不穏分子が出ない戦争の始末の付け方を考えていたのではないでしょうか*5

 

 ↓はげみになりますので、是非ポチッと押していただけますと幸いです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

*1:西南戦争(06・人吉攻防戦) / Satsuma Rebellion by RingRipple 歴史/動画 - ニコニコ動画参照。

*2:宮崎では同じような河川の天然防衛によって薩軍は油断したわけですが・・詳細は次回動画で。

*3:こういったところからも西南戦争は「桐野の私戦」と揶揄されるのが分かります。

*4:西南戦争動画第6弾の終盤あたり。

*5:伊藤博文は、長州閥や薩摩閥といった派閥に全く興味を示さなかったそうです。

西南戦争動画(第7弾・大口の戦いから日向への敗走まで)の紹介

先週にアップした西南戦争動画第7弾(大口の戦いから日向への敗走まで)について紹介します。

 


西南戦争(07・大口の戦いから日向への敗走まで) / Satsuma Rebellion

 

 

人吉攻防戦に決着がつき、村田新八率いる薩軍は人吉(熊本県)から南下して加久藤越(現宮崎県えびの市)方面に撤退します。

一方で、人吉より南西方面に位置する大口(現鹿児島県伊佐市)では、辺見十郎太率いる雷撃隊が官軍3旅団(第2旅団・別働第2・3旅団)と激戦を繰り広げています。

当初、大口での戦いは雷撃隊vs川路利良率いる別働第3旅団で兵数も同等であったため、戦闘指揮に特段優れている辺見側が優勢でしたが、増援された第2・3旅団により、劣勢に変わります(※動画第6弾参照)。

そして人吉陥落後、別働第2旅団も加わり、雷撃隊だけでなく熊本隊も奮戦しますが、遂には大口の撤退を余儀なくされます。

このとき辺見は、田原坂・吉次峠の戦いで散っていった多くの私学校徒(兵児)がいれば・・・と陥落した高熊山を仰ぎながら嘆き、老松の傍らで泣いたと云われています。その老松は「十郎太の涙松」と呼ばれ、明治42~3年頃の落雷で枯死し、現在はないそうです。

人吉・大口が陥落し、村田は次の手として都城を基点に各隊を配置し、官軍を迎え撃つ作戦を立てました。都城は動画にもあるように、霧島山地や鰐塚山地に囲まれ、大淀川の侵食によって形成された広大な都城盆地にあります。

背後の宮崎には西郷隆盛桐野利秋率いる薩軍本営が設置されており、官軍の進軍を阻止する最期の砦といえ、地形的にも守備に適した場所です。

 

 ↓はげみになりますので、是非ポチッと押していただけますと幸いです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村