/* 記事の一部表示 */

近代戦争~山水の間に高蹈長嘯せんのみ~

製作した近代戦争動画の補足説明を中心に、使用したソフトやその他思いついたことを記事にしています。

戊辰戦争動画(第3弾・江戸遁走から東征軍発足まで)の紹介

戊辰戦争動画(第3弾・江戸遁走から東征軍発足まで)をご紹介します。

 


戊辰戦争 (03・江戸遁走から東征軍発足まで) / Boshin War

 

 

第2弾の動画*1で、前将軍・徳川慶喜は「千兵が最期の一兵になろうとも決して退いてはならぬ。奮発して尽力すべし!」と旧幕兵に厳命しましたが、板倉勝静備中松山藩主)、酒井忠惇(姫路藩主)、松平容保会津藩主)、松平定敬桑名藩主)ら*2と共に、1月6日(1月30日)夜、開陽丸で大阪を遁走しました*3

なお、このとき開陽丸には、艦長・榎本武揚は乗っていませんでした。

武揚は7日(31日)に大阪城に入城し、後日、新選組らと共に冨士山丸で大坂を出立しました。

 

動画内で、新政府に与した岡山藩の軍が備中松山藩に進軍した際、藩主不在のなか陽明学者である山田方谷*4の奔走により、無血開城を成し得たと紹介しました。

このように方谷は領民を第一と考え、勝静*5にもそう諫言していました。

しかし、幕府を想う勝静は箱館戦争まで付き従い、方谷により江戸に半強制的に連れ戻されます。

 

また、東海道軍により進軍された桑名藩も、松平定教の出頭・幽閉により、無血開城を成し得ました。

定教がまだ、齢10歳の時でした。

 

そのほか、唐津藩の小笠原長国と長行の義絶による降伏など、旧幕府に与する君主や親族、身内に背いてまで国元を想い奔走した藩代表者のおかげで、大した武力衝突も起きずに済みました。

 

次回の第4弾では、舞台が西から東に移り、東で初の戦いなどを紹介します。

是非ご視聴ください。

 

f:id:ripplering-1969:20181117143028p:plain

 

↓はげみになりますので、是非ポチッと押していただけますと幸いです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

*1:戊辰戦争 (02・鳥羽伏見の戦い、阿波沖海戦) / Boshin War - YouTube

*2:慶喜が信頼を置くこの面々の藩が、動画の通り朝敵とされ、新政府軍が進軍します。

*3:まぁ、前年末に議定就任が決まりつつあるなか江戸薩摩藩邸焼き討ち事件が発生し、決起する旧幕兵達をうっちゃらかしておいた気持ちは分からないでもないですが・・無責任という見方もありますね・・・。

*4:閑谷学校((日本最古の庶民学校)を再興した人物としても有名です。

*5:ちなみに勝静は、中国銀行の前身である第八十六国立銀行設立の中心人物でもあります。

戊辰戦争動画(第2弾・鳥羽伏見の戦い、阿波沖海戦)の紹介

戊辰戦争動画(第2弾・鳥羽伏見の戦い阿波沖海戦)をご紹介します。

 


戊辰戦争 (02・鳥羽伏見の戦い、阿波沖海戦) / Boshin War

 

 

第2弾以降より、戦争の具体的な推移についてご紹介していく予定です。

戊辰戦争鳥羽伏見の戦い会津戦争上野戦争箱館戦争等々と戦闘続きなイメージが強いと思いますが、実は1年以上も続く長い戦争の中の一部であり、新政府軍が日本という国の代表であることを知らしめるための政争が大半を占めます。

対内的には朝廷の力による佐幕藩の恭順工作、対外的には神戸事件や堺事件等の処理交渉といった内容です。

 

 第2弾は激しい戦闘シーンを表現していますが、第3弾は一転して上記のような出来事の羅列となります。

また、戊辰戦争の始まりは鳥羽伏見の戦いと認識している方がほとんどと思いますが、実は前年の江戸薩摩藩邸(三田)焼討ち事件後に、旧幕軍(回天丸)と薩摩藩(翔凰丸)は江戸湾*1沖で既に武力衝突しています。

さらに、鳥羽伏見の戦いと同時期に紀伊水道で開陽丸と翔凰丸、春日丸が武力衝突しています*2

これらの内容は是非動画にてご確認ください。

 

f:id:ripplering-1969:20181017220851p:plain

 

↓はげみになりますので、是非ポチッと押していただけますと幸いです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

*1:現在の東京湾

*2:阿波沖(兵庫沖)海戦

戊辰戦争動画(第1弾・幕末、戦争勃発まで)の紹介

新シリーズである戊辰戦争動画(第1弾・幕末、戦争勃発まで)をご紹介します。

 


戊辰戦争 (01・幕末、戦争勃発まで) / Boshin War

 

 

”幕末”とタイトルで銘打っていますが、本筋はあくまで戊辰戦争ですので、かなりザックリとした内容です。

 

戊辰戦争の近因は、江戸での相楽総三らの挑発行為に庄内藩等が乗ってしまい、大阪城旧幕兵達が呼応したためではありますが、渦中の薩摩藩は攪乱工作を停止するよう命令していたと云います。

 

その後、鳥羽伏見の戦いが勃発するわけですが、個人的に最も評価されるべきなのは大村藩兵50名と思っています*1

 

詳しい内容については、是非動画をご視聴ください。

 

f:id:ripplering-1969:20181014153454p:plain

 

↓はげみになりますので、是非ポチッと押していただけますと幸いです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

*1:その理由は動画を視ていただけると分かります。

西南戦争年表

西南戦争動画の制作にあたり、下記記事より収集した情報と基に整理した年表を紹介します(といっても人様に見せられるレベルまでの整理はしていませんが・・・)。

 

ripple-reprise-1969.hatenablog.com

続きを読む

ペリリューの戦い動画に使用した資料・BGMとりまとめ

ペリリューの戦い動画(前半・後半)の参考文献や使用BGMをここにとりまとめておきます。

 

参考文献

国内

船坂弘「秘話パラオ戦記 玉砕戦の孤島に大義はなかった」【2016年】『(旧)光人社

船坂弘「血風ペリリュー島 この闘魂を見よ!」【1981年】『堯文社』

船坂弘「英霊の絶叫 玉砕島アンガウル戦記」【1996年】『(旧)潮書房光人社

 あの『サイボーグ』『不死身』と云われ、ペリリュー島のお隣「アンガウル島」で戦った船坂弘さん著の体験記・戦記です。本動画と戦場は異なりますが、アンガウル島ペリリュー島の様に圧倒的な戦力差のなか、歩兵第59連隊第1大隊は果敢に米軍と戦っていました。また、本動画でも紹介した通り、アンガウル島で戦っていた米軍の山猫部隊は、ペリリュー島に援軍として上陸し、第1師団から戦線を引き継いでいます。

f:id:ripplering-1969:20180729200339j:plain


 

books.rakuten.co.jp


 

 

日本の戦争 勝利と敗北近代日本の挑戦! (別冊歴史読本)【2006年】『新人物往来社

 ペリリューの戦い先の大戦だけでなく、明治以降の外国との戦争史を解説しています。初心者向けで分かりやすいです。


 

 

堀栄三「大本営参謀の情報戦記 情報なき国家の悲劇」【1996年】 『文藝春秋

 「マッカーサー参謀」と云われた、米軍の侵攻パターンを情報の収集・分析により的確に予測した堀栄三さん著の回顧録です。先の大戦は、米軍による暗号解読や旧日本軍部内の情報流出など、情報戦で惨敗したと云われていますが、それをリアルに感じていた著者による教訓は、現在も情報に弱い日本にとって非常に貴重な”情報”であると思います。


 

 

太平洋戦争研究会「戦略・戦術でわかる太平洋戦争―太平洋の激闘を日米の戦略・戦術から検証する (学校で教えない教科書)」【2002年】『日本文芸社

 内容はそこまで深くはありませんが、先の大戦を俯瞰的に理解するのにお勧めです。


 

 

相馬栽「太平洋戦争の現場がわかる本」【2005年】『 チェリーハウス』

 イラストや写真、図が豊富で、また3D立体マップによる図解もあるので、非常に分かりやすいです。


 

 

海外(米国)

ユージーン・B・スレッジ 「ペリリュー・沖縄戦記」【2008年】『講談社

 本動画でも登場した、実際にペリリュー島で『第1海兵師団 第5海兵連隊 第3大隊』に迫撃砲隊の1等兵として従軍し、水戸歩兵第2連隊と戦った著者による体験記です。米軍側の視点で、実際にあの戦場を体験した内容が綴られている貴重な文献です。本動画で最も参考とした文献でもあります。


 

 

チェスター・W・ニミッツ他「ニミッツの太平洋海戦史」【1992年】『恒文社』

 こちらも米軍側の視点で、また海軍の最高司令官である著者による先の大戦の海戦に関する貴重な資料です。本著は多くの方が読まれたのではないでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニミッツの太平洋戦史【中古】
価格:15800円(税込、送料別) (2018/7/29時点)


 

 

ジェームズ・H・ハラス「ペリリュー島戦記 珊瑚礁の小島で海兵隊員が見た真実の恐怖」【2010年】『潮書房光人新社

 米軍の実戦経験者が語った生の証言を綴った内容で、かなり貴重な文献です。本文献も動画制作の上でかなり参考としました。


 

 

ブログ

 海外のブログですが、図や内容が事細かに掲載されていましたので、参考としました。

 

Brigadier General Gordon D. Gayle USMC (Ret)「BLOODY BEACHES: The Marines at Peleliu」

BLOODY BEACHES: The Marines at Peleliu

 

Jerry Holden「The Approach to the Philippines」

HyperWar: US Army in WWII: The Approach to the Philippines

 

The Stamford Historical Society「Pride and Patriotism: Stamford’s Role in World War II Online Edition The Battle of Peleliu」

The Stamford Historical Society, Pride and Patriotism: Stamford's Role in World War II, Battles: Peleliu

 

篠原直人「空のカケラ ライブラリ」

 写真の引用や、その他、旧日本兵や米兵の方のエピソード等が掲載されていましたので、参考としました。写真の引用について快諾していただき、深く感謝いたします。

ペリリュー島: 空のカケラ ライブラリ 篠原直人ブログ

 

その他

 本動画制作時には出版されていなかったため、参考とはしていませんが、お勧め本なのでここに掲載しておきます。

岡村青 「サクラサクラサクラ 玉砕ペリリュー島 生還兵が伝える日本兵の渾身の戦い」【2018年】『潮書房光人新社


 

 

平塚 柾緒「玉砕の島 ペリリュー 生還兵34人の証言」【2018年】『PHP研究所

 ペリリューの戦いを生き残った34名の旧日本兵の方々(三十四会)による証言です。タイトルを読むだけで非常に貴重な内容が掲載されていることが分かりますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

玉砕の島 ペリリュー 生還兵34人の証言 [ 平塚 柾緒 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2018/7/29時点)


 

 

武田一義「ペリリュー 楽園のゲルニカ」【2016年~】『白泉社

 こちらは現在も刊行中の漫画で、かわいいキャラクターとは裏腹にペリリュー島での過酷な戦いの様子を綴っています。


 

 

使用BGM

 

前半

  • Collapse(Presence of Music)
  • 夜半ノ月~唐傘(甘茶の音楽工房)
  • Save the world(Presence of Music)
  • Epic Battle and Warfare(Voytek Pavlik)

 

後半

  • apollo(甘茶の音楽工房)
  • squall(甘茶の音楽工房)
  • Compensation(Presence of Music)
  • Soldiers(Presence of Music)
  • 大樹-その旅の終わりに-(秋山裕和)

 

↓素晴らしいランキングに飛びます。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

↓素晴らしいランキングに飛びます。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村